あれっ?思ったより利益がでていない??? 輸入消費税について2018

輸入消費税
Pocket

こんにちわ こんばんわ

会社員×マルチポケット

山本けんたろうです。

輸入消費税

今、いろんなコストを見直すために

勉強している輸入消費税について。

 

というか、輸入消費税ってなんだかご存知ですか?

 

 

国民は納税の義務がありますので

消費税を払わなければいけないのですが

 

例えば国内で商品を仕入れる時に

消費税を払っています。

 

でも、海外から仕入れる時の消費税は?

かからないんだったら国内で手配するより

海外から手配したほうがいいんじゃない?

 

という不公平がうまれるので

輸入商品には輸入消費税がかかります。

 

最終的には確定申告の際に

消費税を払わなければいけないのですが

輸入消費税を払っていれば控除されます。

 

じゃあ、100ドルの商品を仕入れたときには

関税はいくらかかるのか?

 

100ドル×為替×8% ?

 

いえ、違います。

もう少しかかっています。

 

輸入消費税の課税対象は

CIF価格に対してかかるからです。

 

厳密にいえば

 

輸入消費税=(CIF価格+関税)×8%

 

CIF価格=商品価格+海外送料になります。

 

つまり送料と関税の消費税の課税対象になる

ってことです。

 

で、結局いくらぐらいかかっているの?

っていうのをざっくり計算するためには

為替レート×3%ぐらいで計算しておけば

大きな狂いはないようです。

 

ツールの設定値が・・・

 

と言っている人は

たしかにツールも大事ですが、

輸入にかかっているコストなど

輸入の実務についてもしっかり勉強しましょうね。

 

ここでも大きく利益率が変わって

きますよー

 

では、今日も頑張っていきましょう!

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)