アマゾン無在庫輸入 輸入と輸出、どっちが稼げるか?2018

Pocket

いよいよ9月に入りました。

少しずつ少しずつホリデー、クリスマスに近づいています。

準備は着々と進んでいるでしょうか?

 

今日の日経新聞をご覧になりましたでしょうか?

アメリカ経済が緩やかに拡大、失業率もずいぶん

回復しているようです。

http://qq2q.biz/LRrZ

 

 

今月中にアメリカは利上げ、つまり

銀行などの利子を引き上げるだろうと

言われています。

 

利子があがるとどうなるか?

日本はゼロ金利、マイナス金利の関係で

銀行にお金を入れておいても増えないから

預金している人は少ないと思うけれど

利子率があがってくると銀行に預けようかなと

思う人が増えてきます。

 

アメリカでこれが起きると

アメリカドルの方が利子がつくから

アメリカドルを買おうという人が増えるので

アメリカのドルの価値が高くなります。

ドルの価値が高くなると相対的に円が安くなります。

 

つまり、円安ドル高になる、と言われています。

 

円安になるとどうなるか?

今は1ドル110円ぐらいだからこれをベースにして

円安になると1ドルが115円、120円が

なっていきます。

 

つまり、1ドル110円だったものが

115円や120円になるので

輸出をしている方は1ドルで売れたものが

日本円で110円だったのに120円になり、

逆に、輸入している人にとっては

1ドルの商品が110円で買えたのに

120円に値上げしたような感じになります。

 

アメリカが利上げをすれば(利子率を上げれば)

輸出をしている人は利益が増え

輸入をしている人は利益が減る ということです。

 

もっとも、経済は生き物だから

計算通りにはならないこともあります。

 

それに、円安になれば輸出をする人が増えて

輸入をやる人が減る場合があり、

そうなるとライバルが減るので

結果的に輸入の方が儲かるかも

しれませんしね。

 

しかし、風がどっちに吹いているか

為替がどっちに動きそうかぐらいか

理解しておきましょうね!

 

それではまた!

副業会社員が月収200万円を目指して取り組むネットビジネス実践記を
毎日メルマガ配信しています! ぜひメルアドご登録ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)