amazon MWSが遅いので価格改定ができない JPでPA-APIを取得する方法 2017

Pocket

こんにちわ けんたろうです。

 

最近、MWSがめっちゃ遅くてとても困っているので

APIを使ってアマゾンのデータ取得することにしました。

今日はその手順をまとめます

 

Amazon MWSとは

AmazonマーケットプレイスWebサービス(MWS)

統合WebサービスAPIであり、Amazonの出品者がプログラムを使用して、出品、注文、支払い、レポート、その他についてデータを交換できるよう支援するものです。Amazonとデータ統合することで、高レベルの販売自動化が可能となり、出品者がビジネスを成長させるのに役立ちます。Amazon MWSを使用することによって、出品者は販売効率の改善や業務コストの削減、顧客サービスの向上を期待できます。

Amazon MWSを使用するための手数料は発生しませんが、Amazon MWS APIを使用するには、Amazon MWSの利用資格を満たしている出品用アカウントを持っていること、そしてAmazon MWSに登録することが必要です。

 

PA-APIとは

PA-API(Product Advertising API)

そもそもAPIとは、Application Programing Interface(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の略です。

プリケーションとプログラミングはわかる、『インタフェース』って何?という感じですよね。
かんたんな説明をしますと、『インタフェース』は『出入り口』という言葉に置き換えるとわかりやすいかと思います。

APIとは、第三者が提供するものであり、たとえばここではAmazonになります。
Amazonが自分のデータベースにアクセスするための出入り口、インタフェースを用意してくれているんです、これがAmazon APIです。

そしてこの出入り口はプログラミングを使う必要があります。
プログラミングでのみアクセスが許された出入り口、それがAPIというわけです。

Amazonから商品情報、在庫情報、注文情報など、プログラムから呼び出すことができる。

  • 独自のリサーチツール
  • 独自の出品管理ツール
  • 独自の価格改定ツール
  • 独自の在庫管理ツール
  • 独自の受注管理ツール
    ・・・など。

 

アマゾンJPでのPA-API登録の手順

amazon アソシエイトプログラム登録

こちらの画面で新規アカウントを作成します

 

アカウントを作成します

 

名前とメールアドレスを登録します

 

住所を登録します

 

 

ウェブサイトを登録します

注意事項も記載されていますのでよく確認して

おいてください。

 

 

 

それぞれを登録してください。

 

この時、090ではなく90と登録してください。

何度か間違えると1時間は登録できなくなるので

注意が必要です。

 

 

あとで で先に進んでください。

 

今すぐ始めるをクリックし、

ツールのproduct Advertising-APIをクリックします

 

こうすると日本のPA-APIはダウンロードできます。

 

ただし、アフィリエイトに使用するブログが

できたてだったり、不備があった場合については

アフィリエイトの承認が下りずに却下されることが

あります。注意してください。

 

まとめの動画のリンクも貼っておきます

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)