【Amazon輸入】アマゾン無在庫輸入のスタートアップで出品制限を解除する方法2018

Pocket

こんにちわ こんばんわ 山本です。

 

アマゾン無在庫輸入で稼ぐためには

大量に商品を出品するところから始まりますが、

出品制限かかかっている場合、

出品数を大幅に増やすことができません。

今日は出品解除する方法をご紹介いたします。

今回のブログは、ブランドやカテゴリーの規制解除ではなく、

出品数を増やすための出品規制解除について になります。

 

なぜ新しいアカウントは出品規制がかかり大量出品ができないのか

アマゾンは世界最大のECマーケットなので、世界中から多くの人が利用しています。

その中にはいいセラーもいますが、悪いことを考えるセラーも存在します。

アマゾン側としては、実績の少ないセラーが大量出品し販売しようとした際に

不良品やまがい物などで販売し、購入者が被害を被ることを避けるため、

ある一定期間、ある一定数の販売数のラインを超えるまで、制限をかけています。

 

出品制限の実例

僕が回している比較的新しいアカウントは

1週間に8000品ぐらいで以上出品しようとすると

それ以上は出品エラーになっています。

 

毎週日曜日の午前10時頃に出品制限がリセットになるようですが、

販売数が増えていけば少しずつですが週間の出品可能数も増えていきます。

 

出品解除の目安になる販売数

経験値ですが、

150品程度販売してアマゾンにアピールしたところ

出品制限は解除になったという事例があります。

運がよければもっと早く解除できるかも知れません。

 

販売実績については、自己発送でもFBAでもOK!

とにかく安定した一定の実績があれば解除は可能です。

 

出品制限解除の手法

①古本や不用品を出品する

薄利 あるいは 多少赤字でも構わないと割り切って

古本や不用品などを出品する。

最速で解除したい場合はFBA納品がおススメです

②出品制限になるまで最大限出品する

③毎週日曜日に出品制限解除になっていることを確認する

④アマゾンテクニカルサポートに出品解除を要求する。

⑤販売実績を積み重ねる

⑥翌週また同じようにアマゾンサポートに出品解除を要求する。

 

というような流れです。

ビジネスですので、交渉してナンボです。

ダメでもともと、ごり押しして通ることもあります。

諦めずに何度も交渉しましょう。

 

また交渉事にもテクニックがあります。

どうやったら相手を説得できるかよく考えてみましょう。

 

出品制限がかかっていても利益を稼ぐ方法

僕が新しいアカウントを回していた際に

出品数500品で1個売れました。

15000品ぐらいでも2日に1個ぐらいのペースで

販売することは可能です。

大量出品とはいえリサーチがしっかりできていれば

少ない出品数でも稼ぐことができます。

これがアマゾン無在庫輸入です

 

副業会社員が月収200万円を目指して取り組むネットビジネス実践記を
毎日メルマガ配信しています! ぜひメルアドご登録ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)