Amazon輸入 家族とビジネスのバランスはどのように

Pocket

ふくたろうです!

 

会社勤めをしていると

付き合いがあったり 出張があったり

帰りが遅かったり あるいは 複業していると

家族と一緒の時間がすくなくなって

しまうことが多いのではないかと思います

どうしても 時間の使い方が難しい

 

でも 大きくなってくると いつまでもべったり

一緒にいることが必要かどうかは 別ですね

 

 

私は 東北の田舎に住んでいますが

春から 上の娘が親元を離れて

東京の高校へ進学することになりました。

 

「お前が大きくなるころには 人口がどんどん

減ってきて 女の人が地方で生きていくのは

本当に大変な時代になるから だから

勉強したり いろんな人にあったりして

どんな仕事についたらいいのか

よく考えたほうがいいよ」

 

「しっかり勉強しなさい

勉強してどんどん進んでいけば

仕事を選ぶ選択肢が増えていくから

そこから 自分の進みたい道に

進みなさい」

 

その言葉を信じて というよりは

自分なりに考えて チャレンジし

自分でチャンスを勝ち取って

親元を離れて進学を決めた娘。

 

思ったより早く 親元を離れることに

なってしまったけれど それでいいと思っています。

明るく元気に たくましく育ってほしい。

 

父親としては あとは経済的な援助。

「お父さんの給料が少ないから

ガマンしなさい」なんて 言いたくない。

 

家族と一緒にいる限られた時間を大切にしつつ

望む人生をサポートしてあげたい。それが父親の務め。

少なくとも 後悔だけはさせてくないし、したくない。

 

 

でも そう考えると まだまだ努力が足りないなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)